婚活パーティーを体験していく感じたこと

結婚相手に求める条件

自分の価値はあまりないのに相手に高いものを求めてそのアンバランスさが原因でいつまでたっても相手が見つかりません。
冷静に考えればそのようなことは当り前です。
お店の人がリンゴを1個1000円で売りたいと思っていてもお客さんが買ってくれなければそもそも契約が成立しません。
このような事例を考えると、非常にばかばかしくなぜそんなことをするのかと言いたくなりますが、でも実際に私たちが婚活の中で平気でやっていることです。
では、私自身はどのように心得たのかといえば、相手に対する条件をことごとくなくしました。
どのような条件が最初あったかといえば、収入は400万円ぐらいあればよいと考えており、年齢は自分よりも年上ないしは3歳ぐらいまでなら年下が良いといったものです。
さらには煙草を吸っていないことやあまりお酒を飲まないこと、そして暴力を振るわないことが条件でした。
見た目はなるべく良い方がよいですが、多少太っていても問題ないと感じました。
ただ、これらの条件に該当する人はおそらくあまりないでしょう。
なぜなら、私自身はそこまで価値が高くないそれは単に見た目の問題ではなく、自分自身の年齢の問題でもあります。
そのように考えると今までの条件を少し削っていくことにしました。
何を削ったかといえば、まず年収は300万円あればよいといったものになります。
それだけではなく、年齢は前5歳ぐらいまでにしました。
年上ならばもうプラス5歳してもよいぐらいです。
つまり42歳までならば問題ないと考えるようになります。
ここまで条件を緩めると、さすがに頭の中の検索にヒットする人が増えてきました。

結婚するためにいざ婚活パーティーへ結婚相手に求める条件婚活パーティーに行って幸せになりました

マッチングアプリやってみたり婚活パーティ行ってみたりちょっと必死だけど、今年はパートナーを作るのが1つの目標だから出会いの母数を増やしたい。

— みなみちゃん (@minamiinuchan) 2019年3月17日